沿革

1948年(昭和23年)    4月

第一美術印刷所として、故 後間房之を以って創業

1951年(昭和26年)    4月

1952年(昭和27年)    4月

第一美術印刷株式会社に組織変更し、故 後間房之氏が社長に就任

事業拡張の為現在地(中広町1丁目)に移転

1957年(昭和32年)    5月

資本金350万円に増資

1961年(昭和36年)    7月

資本金900万円に増資

創業当時社屋.jpg

1962年(昭和37年)    7月

現在地に鉄骨3階建社屋を新築

新社屋.jpg
社屋前にて4.jpg

1964年(昭和39年)    4月

業務専業化の為、株式会社日宣を設立(営業制作部門)

1972年(昭和47年)  11月

株式会社日宣を株式会社第一美術に社名変更

1988年(昭和63年)    4月

全国印刷工業会創業四十周年表賞受賞

1994年(平成6年)    12月

生産仕上部門 第一美術印刷株式会社と営業制作部門 株式会社第一美術を統合

1995年(平成7年)      6月

資本金1,000万円に増資

1997年(平成9年)      4月

企画・制作部強化の為Macデザインシステム導入

2004年(平成16年)    4月

菊全判4色オフセット機を更新

2005年(平成17年)    4月

製版設備 CTP導入

2008年(平成20年)    6月

小下博史が代表取締役に就任

2008年(平成20年)    9月

XEROX iGen3導入

2010年(平成22年)    1月

折り製本機導入

2010年(平成22年)  11月

個人情報保護法に基づき、プライバシーマーク取得

2012年(平成24年)    4月

KOMORI LITHRONE G40 ハイブリッドUVオフセット印刷機(菊全判5色機)導入

2013年(平成25年)    8月

四六全判断裁機導入

2014年(平成26年)    9月

DDCP(FFGS プリモジェット)2台導入

2015年(平成27年)    4月

検版ソフト「ホールマーカー」導入

2017年(平成29年)    9月

資本金1,100万円に増資

2020年(令和2年)      4月

SADAKOプロジェクト開始