【ウイルスメール感染に関するお詫びと注意喚起】
 ※なりすましメールは開封されませんようにお願いいたします

2022.02.07

お取引先各位
                             
お取引先各位におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は、格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

2月3日17時時点、お取引先からのご指摘により、弊社社員のなりすましメールが送付されていることが判明いたしました。
現在、早急な調査につとめておるところでございますが、万一、お手元に当社社員からのなりすましメールが到着しました場合には
決して添付資料の開封は行わず、そのまま削除処理をしていただきますようお願い申し上げます。

まずは皆様へのお詫びとともに急ぎ注意喚起をさせていただきます。
今回の事態の発生を重く受け止め、今後は、弊社全従業員に「コンピュータウイルス等のマルウェア対策」の実施を徹底するとともに
情報セキュリティ教育をさらに強化・改善し、再発防止に努めて参る所存でございます。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

第一美術印刷株式会社
------------------------------
   記

 【お願い事項】
① 弊社社員から受信したメールの送信元「表示名」と「メールアドレス」ご確認の徹底をお願いいたします。
弊社のメールドメインは以下となります。
 「 @ichibi.jp 」
また、「表示名」および「メールアドレス」が正しくても、過去に受信したメールを再受信した、日本語の表現が不自然、普段は日本語なのに英語のメールが届いた等、メール本文に少しでも違和感を持たれた場合は、メール本文中のURLにアクセスしたり、添付ファイルを開いたりせず、弊社宛にメール送付の有無のご確認いただくようお願いいたします。

②コンピュータウイルスと思われる添付ファイルを開かれてしまった場合は、[コンテンツの有効化]や[マクロを有効にする]というボタンは絶対にクリックせず、操作を中断するようお願いします。
感染が疑われる場合は、以下のサイトからツールをダウンロードして確認ください。   
⇒ 一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターのサイト(ご参考)https://blogs.jpcert.or.jp/ja/2019/12/emotetfaq.html